コンビニ人間

2016年の芥川賞に決まったのが村田沙耶香さん著の「コンビニ人間」

タイトルが秀逸!

なんだかわからないけれど読んでみたくなるタイトルってなかなかないですよね。

どうやら村田さん自身がコンビニで今もアルバイトをしているそうで、芥川賞の授賞式前も働いてから出席したそうです。

日々の生活の中に、小説の良い題材が転がっていると考えると、私も何かないかしら…なんて考えてしまいますね。